2009年01月18日 18時48分

GNU nano(コマンドラインテキストエディタ)の使い方

GNU nanoとは、ubuntuに標準でインストールされている、コマンドラインから利用できる、テキストエディターです

GNU nanoの起動

起動には

nano ENTER

又は

nano [編集するファイル名] ENTER

とします

rootが所有者のシステムファイルを編集する時は

sudo nano ENTER

と起動すれば、ログインユーザーでも編集できるようになります

システムの設定をする時には、お手軽な方法の一つです

nano起動画面

nano起動画面

画面の下部に、機能を呼び出すショートカットキーが表示されています

Ctrl+アルファベットキーの組み合わせで、機能を呼び出せます

ファイルの選択には、ファイルパスを入力して指定する他に、矢印キーで操作可能なインターフェースも用意されています

ファイル選択のインターフェース

ファイル選択のインターフェース

ファイルを開く

ショートカットキー:Ctrl+R

指定したファイルの内容を、現在の画面に読み込みます

読み込むファイルを指定するには、ファイル名をフルパスで入力するか、Ctrl+Tを押して、ファイル選択のインターフェースで選択します

nano ファイルオープン

ファイルオープン

ファイルを保存する

ショートカットキー:Ctrl+O

指定したファイル名で内容を保存します

保存先のファイルを指定するには、ファイル名をフルパス入力するか、Ctrl+Tを押して、ファイル選択のインターフェースで選択します

nano 保存

保存

[注意点]

上の方でも触れましたが、書き込み権限のないファイルを上書しようとするとパーミッションの問題で保存できない場合があります。

「sudo nano」をするか、一旦保存できる場所に保存しておいて、置換しましょう。

コピー(切り取り)と貼り付け

nanoにはコピーに該当する機能が無いようです
なので、範囲選択⇒切り取り⇒貼り付け⇒貼り付け、と言う手順で代用します
[ショートカットキー]
範囲選択開始:Ctrl+^
切り取り:Ctrl+K
貼り付け:Ctrl+U

終了する

ショートカットキー:Ctrl+X

内容が保存されていない場合は、保存の確認画面が表示されます

人気ブログランキングへ ↑お役に立ちましたらポチっと

3件のコメント

  1. ubuntu serverの初期設定 ネットワーク編 | どうぐばこ - 2009年01月25日 21:52

    […] [関連記事] nano(コマンドラインテキストエディタ) […]

  2. Mac OS X10.8.2(マウンテンライオン) で/etc/hostsを書き換える方法 | WEB HORIC. - 2013年02月24日 02:38

    […] どうぐばこ » GNU nano(コマンドラインテキストエディタ)の使い方 ぢくわん:hosts file in Mountain Lion – Mac 10.8 – livedoor Blog(ブログ) MacOSX のローカルの DNS キャッシュ | Hatak::Techlog […]

  3. Hello world! | アプリ開発者ブログ - 2014年10月22日 20:57

    […] 正 ※nanoの使い方 http://studio-bey.chicappa.jp/dougubako/linux/316 […]

コメントをどうぞ