2010年05月01日 05時45分

Ubuntu 10.04 リリースと起動速度の改善について

http://www.ubuntu.com/

http://www.ubuntu.com/

2010年4月29日、Ubuntuの新しいバージョンとなる10.04がリリースされました。

2年ぶりのLTS(長期サポート)版としてのリリースとなります。

特徴としてはHALの廃止による起動速度の改善、対応ドライバの追加などがアナウンスされています。

日経BP ITpro

「2年ぶりの長期サポート版 Ubuntu 10.04 LTS リリース」

この記事によると、日本語インストールCDはゴールデンウィーク中のリリースとなるそう。

Japan Teamの方々には頭が下がります、いつもご苦労様です。

上の記事では起動速度について触れており、改善はデスクトップ版だけな感じのニュアンスで書かれています。

もともと起動の早いServer版ですから、別段早くならなくても困らないわけですが、気になったのでインストールがてら調べてみました。

結果から申し上げますと、Server版の起動速度はこれっぽっちも変わっていません。

詳細は下記をご参照ください。

Ubuntu 10.04のServer版の起動速度は早くなってないのか調べてみた

Ubuntu 10.04 server インストールCD

Ubuntu 10.04 server インストールCD起動画面

SunのVirtualBoxを利用して9.10と10.04を同じ条件でインストールして、起動速度の違いを比べてみました。

秒数は、ubuntuを一度起動させて、リセット後にVirtualBoxの起動画面から暗転した瞬間からログインの画面が出るまでを測りました。

数回測定して、結果は以下の通り

9.10: 平均50秒

10.04:平均50秒

起動する画面に出てくるログはかなり変化しているのですが、秒数には全く変化がありませんでした。

「起動速度の改善はデスクトップ版だけ」と言って差し支えなさそうです。

人気ブログランキングへ ↑お役に立ちましたらポチっと

コメント

  1. Tweets that mention どうぐばこ » Ubuntu 10.04 リリースと起動速度の改善について -- Topsy.com - 2010年05月02日 14:39

    […] This post was mentioned on Twitter by ubuntubot. ubuntubot said: どうぐばこ » Ubuntu 10.04 リリースと起動速度の改善について: Ubuntu 10.04 リリースと起動速度の改善について. http://www.ubuntu.com/. 2010年4月29 […]

コメントをどうぞ